So-net無料ブログ作成
検索選択

iPhone スマートフォン どちらを選ぶ? [ニュース]

スポンサーリンク




ドコモがiPhoneを取り扱うことが正式に発表されました。

またガセネタでは?と不安を感じていたユーザーにとってはとりあえず朗報です。

これまでいわゆる消去法でドコモを選択していた人、「うちは昔からNTTなんだ、別に変える必要はない」という硬派な方々にまでiPhoneという選択肢が生まれました。

で、結局iPhoneって何がいいの?という今更ながらの疑問も出てくるわけです。

この疑問への答えをシンプルに言えば、”iPhoneにしておいた方が無難” です。

01.png

”無難” という表現を用いるとApple製品をこよなく愛する人たちに怒られそうですが、総合的に見ればそれが一番的確な評価だと思います。


ショップに行くと、
「iPhoneとスマートフォンどっちにしようかな?」
と悩んでいる人を見かけますが、そもそもスマートフォンは一機種ではありません。

Android端末だけでも非常に多くの選択肢があります。金額面でも機能面でも、iPhoneより上と呼べる機種も揃っています。

しかもこれはAndroidというOS一つに限った話です。OSレベルでもほかに選択肢があります。(Windows MobileやBlackBerry等)

つまり「iPhone vs スマートフォン」 という発想は本来おかしく、多数の選択肢の一つとしてiPhoneがあるにすぎません。

スマートフォンに何を求めるかによってベストチョイスは異なってきます。

しかしながら専門性を求めるとハードルも上がります。初期設定やカスタマイズを行う必要が生じますのでそのスキルが求められます。しかしそれをいとわなければ、自分に最適の環境を作り出すことができます。

逆にそこまで求める人にとってはiPhoneは柔軟性に欠けています。彼らに言わせればiPhoneは「作り手の主張が強く、それに共感できる人のもの」です。

しかし大衆の中でそこまで求める人は多くなく、それよりも使いやすいというのが優先されます。

iPhoneは良くも悪くも基本部分は変化しません。説明書なしでも直感的に理解できる仕様にし、中身の進化だけにフォーカスするように誘導しています。

少し余談になりますが、このAppleの戦略はアプリ制作者にとってもメリットが多くあります。つまり、端末の種類やOSが限定され、さらにハードウェアの仕様変化も少なく、なおかつ人気のiPhone向けのアプリ開発は集中するのが容易です。このような環境は有料アプリの登場に貢献してきました。

iPhoneは容量やカラーなどで少しの違いはありますが、基本的には一つの端末です。それで大量生産によるメリット(質感と比較して手頃な価格)も享受できます。

iPhoneの登場時期には確かにデジタルマニアも飛びつく商品でしたが、今はそうではありません。

マニアではない一般ユーザーにとっては、おしゃれ感・手頃感・みんなと同じ安心感いっぱいのiPhoneはとても魅力的です。

ちなみにマニアとは「脱獄しないと使えないiPhoneなんて・・・」というレベルの人たちです。意味が分からなくても大丈夫です。知らなくても何も困りません。(笑)

道具に振り回されては本末転倒です。どれにしようか迷ったときは無難なiPhoneがお勧めです。





スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。